種子コーティング

種子コーティングとは?

種子コーティングイメージ

種子コーディングとは、息吹LDを種子にまぶして、播種と同時に土壌改良ができる方法です。
初期費用も少なく導入が簡単なので、まずは現在お使いの堆肥との併用して、お試しいただくことも可能です。
堆肥のような、散布、耕すなどの工程も不要になります。

※コーティング種子及びコーティング種子の製造方法は特許を取得しています。(第3566886号)

適用作物

水稲・大豆・トウモロコシ・小麦の四大穀物。 小豆・黒豆・枝豆などの大粒種子

img_about_ld01

土壌改良剤 息吹LDとは?

天然の腐食性ピートモスを素材とし、従来品の肥料・酵素・微生物。微量要素・発根剤・ホルモン剤・ph調整剤・栄養剤などとは、まったく異なる性質の資材です。
土中の水分の力を借りて、少量かつ短期間で、粘土形成や腐植形成をおこし、土づくりに必要な微生物や菌などが住みやすい環境を作ります。

公式通販サイトはこちら Amazonはこちら

【使用量の目安】

1ha(10,000㎡)に播種量に対し、息吹LD1袋(1Kg)を使用。(地域により播種量は違いますが、息吹LDの使用量は面積で決まります。)

大面積もわずかな量で土壌改良が可能です!

対照区と息吹区を比較すると見た目にも大きな違いが

大豆:愛知県

大豆:愛知県

対照区と比べて、息吹区(種子コーディング区)は、健全に生育し、秀品率向上と粒数。粒重ともに優れている。

小麦:愛知県

小麦:愛知県

生育途中の確認でも、種子コーディング区の根張りの良さが確認できた。穂の段数も一段以上多く、収量も良かった。

コーティング手順

前処理

(1)前処理

・息吹LDを確実に付着させるために、展着剤を作ります。
・2ℓのペットボトルに半分水を入れ(1ℓ)、息吹専用展着剤を入れて、よく振って完成です。

【使用目安】
約30kgの種子に対し、のりを5h、水1ℓの割合で作ります。
※種子量15kgに展着剤250mlが目安となります。

コーティング開始

(2)コーティング開始

1)キヒゲン・クルーザーMAXXなどを規定にしたがってコーティング
2)(1)の展着剤をコーティング
3)息吹LDを投入し、コーティング
※2)は状況によって省略することも可能です。

・通常、肥料や培土混合に私用する回転式攪拌機などを使用すると、簡単にコーティングできます。

種子コーティングを動画で見る
播種

(3)播種する

コーティングされた種子は、水分・熱・光などで劣化しないように保管し、なるべく早く播種してください。

お問い合わせ

お問い合わせ、ご相談、ご質問につきましては、こちらのフォーム、
またはお電話からお気軽にお問い合わせください。

058-241-2401 [受付時間] 9:00~17:30
[定休日] 土曜日、日曜日、祝祭日、他、年末年始

powerd by formy(フォーミー)

TOP